信頼関係を築く

風俗店で働くということは、少なからずお金というものを目的で働き出す女性がほとんどとなります。
風俗のお仕事というのは完全歩合制になりますので、一日に何人のお客様を接客したかでその日のお給料というのは決まってきます。
本指名と呼ばれるお客様をたくさん持っている女性であれば、少なからず一日のお給料は見込まれるというものです。
ですが、始めたばかりの女性というのは、どうしてもスタッフの優先度というものでその日のお給料というのが左右されてくるのです。
当然ですが、一番最初にお客様にプッシュしてもらった女性のほうが呼ばれる可能性は高くなります。
とはいえ、こればかりは他の女性との関係によるものですので、自分でどうこうするのが難しい問題でもあるのです。

そこで重要になってくるのが、スタッフとの信頼関係というものになります。
これは、スタッフと単純に仲が良いという事ではありません。
ノリの合うスタッフといつも楽しく会話する事はとても大切なのですが、それだけではちょっと足らないのです。
やはり、お仕事に関する会話も一緒にしていく必要があるかと思われます。
要するに、普段の何気ない会話にプラス、お仕事の会話、悩み、普段どうやって接客しているのか、という話がとても大事になってくるのです。

では、普段の会話というのが真っ先に出てきているのですが、会話が苦手な女性だと何を話せばいいのかわからないことでしょう。
これに関しては、特に何も意識することなく雑談で問題がないのです。
たとえば、「昨日ディズニーに行ってきた」、「友達と温泉に行ってきた」、「昨日見たテレビが面白かった」、「近くに美味しいお店がオープンした」、といったような会話で全然OKです。
むしろ、スタッフの方が女性との距離を縮めるために、何かしら話題を振ってくれることの方が多いようにも感じます。

次にお仕事の会話になるのですが、もし既に悩みがある場合はそれをスタッフに相談すればいいでしょう。
特に悩みがない場合は、この業界でよくある悩みをスタッフに相談する事で、それをキッカケに自分の事をよく知ってもらうという方法があります。
たとえば、「口臭がひどいお客様がいる」、「乳首をずっと触ってくるお客様がいる」、などなどこういった悩みで全然問題ないのです。
やはり風俗で働くということは誰もが何かしらの悩みというものを持っているものです。
それを打ち明ける事で、スタッフとの仲も縮まり、それにやる気というものも感じ取ってくれるという流れになってきます。