接客方法も伝える

お店のスタッフと信頼関係を築くには、まず自分から積極的に会話をしていくという方法が一番手っ取り早いかと感じます。
普段の何気ない日常会話は、スタッフにとってもその女性の性格を知れるチャンスでもありますので、快く会話を聞いてくれることになります。
これにプラス、お仕事の話に持っていければさらに信頼関係が築けるかと思われます。

ちなみに、お客様に対して普段はどういった接客をしているのかというのは、スタッフにとってはとても気になるところでもあります。
たとえば、「お客様とどんな会話をする事が多いのか」、「どんなキャラで接しているのか」、「責めと受けの比率」、「喜んでもらえるプレイを持っているのか」、といったように具体的であればあるほどいいでしょう。
良い事も悪い事もちゃんと伝えることで、それが自分のことをより知ってもらう事に繋がってくるのです。
さらに、お仕事の会話を通じて改善した方が良い部分や、もっと伸ばした方が良い部分をスタッフに知ってもらう事ができますので、お客様へ提案するときにはとても役立ちます。

たとえば、色白の女性がいた場合にスタッフとのコミュニケーションが全くない状態だと、ただの「色白な女性」という位置づけになります。
ですが、会話を通じて「褒め上手」だという事をスタッフが知れば、「色白にプラス褒め上手な女性」という位置づけに変わってくるのです。
この事が優先度を上げるうえでとても大事になってきます。
色白だけでなく、ゆったりと会話も楽しみたいお客様が来た時には、間違いなく同じ色白の女性の中での優先度は上がるということです。

また、お仕事の相談をしてくれる女性に対しては、「仕事に前向き」、「頑張ろうとしている」という印象になります。
自然と、「今後は今よりももっとサービスの質が良くなるかも」という期待が生まれますので、頑張っている女性とそうでない女性が同時に頭に浮かんだ時には、頑張っている女性の方を優先したくなる心理に必ずなるはずなのです。
さらに、常日頃からスタッフとコミュニケーションを取ることで、意識的にも無意識的にもその女性の事が頭に浮かびやすくなるということもあります。

最後に、ノリが近いスタッフと何気ない雑談で盛り上がって仲良くなるのも大切です。
大切ですがもっと大切な事は、お仕事を通じた会話もしっかりすることで、普段の頑張りやお客様にもっとアピールできる部分をスタッフが知るキッカケにもなるのです。